京都

今年2017年の「基準地価」のお話です。
日本ホールディングスのある京都や大阪などの基準地価が上昇しているとの事です。
やはり、外国人観光客が増加した事の影響が大きいようです。

ここで世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」ぬよるランキングを発表しましょう。

トリップアドバイザー「外国人に人気の観光スポット 2017」を発表

「外国人に人気の観光スポット」での1位は京都府京都市の『伏見稲荷大社』でした。『伏見稲荷大社』はなんと4年連続の1位という事です。
2位は東京都千代田区の『アキバフクロウ』、3位は広島県広島市の『広島平和記念資料館』と続きます。
京都で言えば京都府京都市の『清水寺』が6位、京都府京都市の『金閣寺 』が8位、京都府京都市の『禅林寺 永観堂』が12位、京都府京都市 の『サムライ剣舞シアター 』が15位、
京都府京都市の『京都駅ビル』が29位、京都府京都市の『三十三間堂 』が30位と、7つもランクインしました。

また、「基準地価の商業地上昇率」のランキングでも「伏見稲荷大社周辺」や「東山区」など5つの京都の地域がランクインしました。
他の地域でも北海道や沖縄など、観光地が上位になっており、観光地の基準地価が上昇している事が伺えます。

京都がなぜ人気なのか?については
日本ホールディングスが選ばれる理由
で解説しています。

【京都の特徴と将来性】
1:多くの人が住みたい街だから資産性が高い
2:学生の賃貸需要が大きい
3:厳しい建築規制のより、希少性が高い

このような理由から、京都の物件をお勧めします。