サラリーマン不動産投資

空室対策のコツ

不動産投資というものは、現金での取引とは違いがあります。
不動産を購入すると、まずローンを組み、家賃収入からローンの支払いを差し引いたものが利益となります。
不動産投資でできる限り利益を上げる為には、家賃収入をできるだけ増やす事が重要となります。
その為、空室が出てしまう事は収入を減らすという事になります。
それでは、空室を減らし常に満室にするにはどうすれば良いのでしょうか?
不動産仲介会社の営業は重要なのは勿論ですが、不動産のオーナーにもできる「空室対策」について説明します。

家賃を下げる

不動産仲介会社に空室対策を相談した時に、真っ先に言われるのが「家賃を下げる」ことです。
これは非常に解り易い手段だと思います。
家賃が安くなれば当然m入居者が増える確率は高まります。
ただ、家賃を下げるのは最後の手段としてとっておきましょう。まずは他にできる対策を探すべきです。
不動産仲介会社は「ずっと空室より家賃を下げたほうが得」と言いますが、当然キャッシュフローは下がりますので安易に妥協せず慎重に決めてください。

入居条件を変える

まずは、家賃以外の入居条件を検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、「外国人入居可」にしたり、「ペット可」にするなどです。
対象の入居者の幅を広げてみましょう。

リフォーム

リフォームには非常にお金がかかりますが、ちょっとしたことでも入居者が増える可能性はあります。
水道工事などをすると数十万~百万ものお金がかかりますが、壁紙やフローリングをキレイにするだけでも入居者が増える可能性があがります。
入居者のターゲットが富裕層ではなく一本の方々でしたら、これでも十分効果はあります。

このように。オーナーでもできる空室対策はあります。
ポイントは「最低限の清潔感、周囲の相場に合わせる事」です。